腎臓病はどんな症状が出るのか

腎臓の病気の症状と一言で言っても様々に現れます。腎臓病の場合進行すると尿毒症を引き起こします。
また、自覚症状も乏しいと慢性的に進行していき最悪の場合は、
慢性腎不全となり人工透析が必要になってしまう直前というところまで症状が悪化します。

 

腎臓病の症状では、タンパク尿、血尿、むくみ、尿毒症、高血圧などがみられます。
たんぱくは腎臓でろ過されますが、尿細管で再び吸収されて血液に戻されます。
そのため、尿にたんぱくが含まれる事は有りませんが、あるとして少量でわずかです。
たんぱく尿が多く見られる場合には腎臓の病気の可能性が高まります。

 

血尿の症状は健康な人でも赤血球が尿に排出されますが、量はほとんどないです。
尿管や糸球体、膀胱などで障害が起こっていると病に赤血球が混じる場合があります。
赤血球は肉眼では分かりません。
顕微鏡で見える程度の場合や、茶褐色尿、鮮血の肉眼でも分かる血尿など程度は様々です。

 

むくみが起こるのは、水分の排泄が正常に行われていないために起こり、体の余分な水分が溜まっている状態です。
腎臓の機能が低下していると体内の水分、塩分が排泄できなくなり水分量のコントロールができない状態になります。
体内に溜まってしまった余分な水分はむくみとなります。

 

腎臓の機能は、塩分の排泄、血圧を調節する役割があります。
腎臓の機能が低下してしまうと高血圧の症状が起こりやすくなります。
高血圧によって肩こり、頭痛、吐き気なども引き起こしてしまいます。

 

尿毒症は、腎臓の機能が低下して尿から排泄する事が出来ない毒素、老廃物が血液に溜まっている状態で、
全身のだるさ、食欲不振、吐き気、嘔吐、高血圧、疲労感などの症状がみられます。
全ての症状が起こるわけではありません。
また、赤血球をつくるホルモンの低下も起こり、貧血の症状がみられる場合もあります。

 

尿毒症の症状を放置してしまうと、意識がもうろうとしたり生命にも関わる状態になります。
これらの症状が起こっている場合には、医療機関への受診をおすすめします。

 

前の記事:大きな負担がかかる沈黙の臓器・腎臓
次の記事:腎臓の機能を回復するための「シジミ」