腎臓に良いものとは

腎臓とは人間の古紙の後ろに当たる部分にある、そら豆のような形をしたこぶし大の臓器です。
その主な仕事はは老廃物の除去で、血液が運んできた老廃物を濾し取り尿として排出する作用があります。
又、腎臓は体の塩分をコントロールする臓器でもあり、血圧の調整をしたりイオンバランスの調整などがあるとされます。

 

腎臓の機能が低下すると、尿がでなくなったり老廃物や毒素が体に蓄積することになり、体のむくみなどとなってあらわれ、
尿毒症などとなって命の危険にかかわることもあり、機能を失ってしまうと人工透析ということにもなりかねません。
透析は、数日置きに半日ほど血液の濾過を受けなければならず、
そんな腎不全などにならないように腎臓もいたわってやりたいものです。

 

腎臓に良いとされるものには、朝一杯の水を飲む事で腎機能の数値が改善したという話しもあります。
又、腎臓は食べる物に影響を受けやすい臓器といわれ、食事の改善することにより腎機能が改善するといわれており、
まずは水の沢山取ることが改善の一歩とも言います。

 

その他に、腎臓に良いと言われる物を上げると、特効薬と言われる食べ物に砂糖を入れない「アズキ」があり、
マクロビオティックと呼ばれる健康法の一つとされます。

 

「イチョウの葉エキス」は、乾燥したイチョウの葉1としてガラス瓶に入れ、
そこに酒類(ウォッカやワイ涼しい場所に保管してン、リカーなど)を5の割合で入れ、涼しい場所に1〜2週間待ちます。
これを越したものを1日スポイトで15滴を3回を目安に、薄めて飲むと良いといいますが、
ワルフェリンなどの抗凝固剤使用者は注意が必要です。

 

「スピルリナ」はアフリカや中南米の湖に多く、健康食品として食べられています。
35億年以上前から地球にいる藍藻類というもので、最近、アンチエイジングが高いと注目され、
その他に、加齢による腎機能低下にも効果があるとされています。

 

「ビール酵母」は、腎機能の指標となるクレアチニンやリンなどの上昇を抑制する効果が認められ、
慢性腎不全の進行を抑えこむ効果があると言われ、
「アスタキサンチン」は、糖尿病などによる腎機能低下に効果があると言われています。

 

いずれもサプリメントとなっている物が多く、腎機能が低下していると思われたら考えてみると良いかもしれません。

 

次の記事:大きな負担がかかる沈黙の臓器・腎臓